ヨギティー Yogi Tea

Yogi Teaに学ぶハッピー英語表現 – #2

ヨギティーメッセージ

世界中にファンがいるYogi tea
私も大ファンです。
その理由はお茶の味が美味しいのはもちろんなのですが、
ティーバッグのタグには素敵なメッセージが書かれています。
このメッセージを使って、英語表現を学んでいきましょう!

“Everlasting impact with compassion and kindness is called love.”

isの直前までが、ながーい主語になっています。
with以下はEverlasting impactを詳しくするためにくっついています。

メッセージにスラッシュを入れて
文章のまとまりで理解をしていきましょう。

“Everlasting impact with compassion and kindness / is called / love.”

<単語・フレーズ>

everlasting : 永久に続く、永遠の。
everとlastがくっついてる、と。
lastは日本人にとっては「最後の」って意味がなじみ深いけど、「続く」っていう意味もよく使います。

A meeting with that manager always lasts forever.(あのマネージャーとのミーティングはいつも永遠に続く=なかなか終わらない)とか(笑)

impact : 衝撃、影響
im-/in-がつく単語は、力の圧をなんとなく感じますね~。
impressionとかのように。

S be動詞 called ~ : 主語は~と呼ばれる

<お願いごと>

Google翻訳するまえに、ひとまず、このままの文章で味わってみてくださいね。
完全一致する日本語訳なんて、ない!ですからね~。
安心して、自分の中の感じ方感性を味わい、大切にしてくださいね~。

<解説・考察>

compassionを辞書で調べると同情心とか哀れみって出てくるんですよね。
日本人の感覚だとそれを愛と呼べるかどうか、もしかしたら英語ネイティヴとは感覚としてちょっと違うかもな~、なんて感じました。

2018年のテニス全米オープンで優勝した大阪なおみ選手の「I’m sorry」の訳しかたについてちょっと話題になりました。
下記動画、6:17辺りです。

私も最初は彼女は謝っているのではなく、「残念に思う」という意味で使っているのかと思っていました。
けれどもその後別の番組のインタビューで「I apologize~」という表現を使ってこの時のことを説明しています。
そこには単純に単語の意味だけではない彼女の人間性や当時の心の揺れがあらわれているように私は感じましたよ!

皆さんもぜひ音読しながら楽しんでくださいね!

ABOUT ME
なわだ めぐみ
ありあまる知的好奇心が日々ダダ漏れて常に何かを学んでいます。複数の肩書と仕事と拠点を持つパラレルワーカーを目指して現在邁進中。 会社員/ 英語学習アドバイザー / English Teacher Association of Japan(個人の英語の先生コミュニティ)役員 / シンガーソングライター(ボーカル/鍵盤/ウクレレ)