尊敬する人

海外移住先を決めるにあたり大切なこと ドイツの日照不足と健康管理について

英語学習アドバイザーのめぐっぺです。

今日は、ドイツ在住14年目のすがゆうこさんのブログを紹介したいと思います。日本人の海外移住先として人気が高いドイツですが、ゆうこさんが扱ってらっしゃるテーマは冬季うつ/季節性情動障害(Seasonal Affective Disorder)という病気についてです。

すがゆうこさんとの出会いについて

最初に私とゆうこさんとの出会いについてちょこっとご紹介させてください。

ゆうこさんとは、English Teachers Association of Japanという、英語の先生や英語を教えることに興味がある人が集まるコミュニティで出会いました。こちらのコミュニティ、創設者がアメリカ・ロサンゼルス在住のミツイ直子先生ということで、所属する先生もアメリカ、オーストラリア、ドイツなどなど日本ではない場所に住んでいる方も多くいます。ゆうこさんもそのお一人です。

ゆうこさんは、ドイツ人の旦那様とお2人のお子さんとの4人暮らし。日本とドイツの両方の教育を研究されており、なんと一昨年は日本の保育士資格を受験されるために帰国!お互いにマツダミヒロさん主催の魔法のしつもん実践者という共通点があり、最近はオンライン講座を開講されたりと、とってもアクティヴな方。仲良くしてもらえてとっても嬉しいです。

そんな元気いっぱいなゆうこさんだからこそ、今回の冬季うつという病気をテーマにしたブログについて知った時は、驚きと共に、人というのは一見してはわからないことで悩みを抱えながら生きているのだな、という思いを持ちました。

日本人にとってのドイツのイメージって?

ドイツというと、皆さんどんな印象をお持ちでしょうか?

EUの中で一番景気が良くて、合理的な思考がもった人が多そう、といった印象でしょうか。教育制度がしっかりしていて大学の授業料が無料だとか、外国人に対しても奨学金の選択肢が多い、とか、企業勤め人の人たちの有給休暇消化率ほぼ100%で長いホリデーを取る、とか。

あとは、個人的に他国と比べるとフリーランスビザやアーティストビザの発給の間口が広いような気がしています。

そんな理由からか、日本人の海外移住希望先ランキングでも上位常連国です。「いつか移住してみたいな」と思う方が多いのも納得です!

ゆうこさんのブログを読むことで分かること

  • 冬季うつとはどういう病気なのか、どういう人がなりやすいのか
  • ドイツの日照時間について、日本との比較
  • 現在ゆうこさんが取り組まれている治療について

ゆうこさんはドイツ在住14年目、ドイツ以外にも過去アメリカ・オーストラリア・スペインに滞在したことがあります。違う環境、違った環境の中で暮らすにあたり、どんな問題が起こりがちか、ということは、おそらく一般の人よりずっと身にしみて理解されているはずでも。でも、経験だけではどうにもならないということがある、ということが、ゆうこさんが発信しているからこそ説得力があるブログなのです。

私自身の海外生活における体調不良経験について

冬季うつというのは、入院をするほどまで重症化してしまうことがあるなんて、知りませんでした。私も、起き上がれない程の状態ではありませんが、冬は自分の生産力が落ちるのを自覚しており、気滅入ったり、普段より睡眠時間が長く必要になったり、食べても食べてもお腹いっぱいにならない、という症状があります。

私自身「海外移住したい」という気持ちがあるので、ゆうこさんのブログを拝見して「本当に気候条件って、大事なんだ」ということを教えていただいています。移住にあたり参考にすべき情報は、ある程度長く住んでいる人の声、ですね。

思い返せばシンガポールでの出来事。
私は2012年から2013年にかけてシンガポールで現地採用で仕事をしていました。わりと急なオファーだったので、事前に現地を訪れる機会はなかったんですね。でも、その頃から検索魔だったので(笑)事前情報はかなり収集して渡星したつもりでした。

が、到着して数か月後、原因不明の咳に1ヶ月以上悩まされることになりました。咳が酷すぎて夜中に吐いてしまったり、呼吸がうまくできず咳喘息のような状態が続きました。でも病院に行っても特別な診断は無く、スタッフは少ないしレッスンを休むわけにもいかず、とても辛い時期を過ごしました。

シンガポールでは空気汚染の一つにインドネシアのヘイズ(焼畑)の影響があることは事前に知っていました。けれども特に診断が出たわけでもなく、その時期はヘイズのシーズンでもなかったので、未だにコレという原因は不明です。

まとめ:海外移住先を決めるにあたり大切なこと

海外生活において、一番不安がよぎるのは健康面が脅かされるときです。単身者はひたすら心細いし、帯同であれば共に過ごす家族に対する心配をかけたくない負い目で、メンタルもやられます。もちろん個人差はありますが。

海外移住は、憧れだけではなく、自分が長期にわたり暮らしていきたい(いける)場所なのかどうか、ということを現実的に判断することがとっても大事です。個人的に、世界最強パスポートをもっている日本人として生まれ生きていられていますので、海外にはどんどん出て行って見聞を広げるのがよい!日本にいては体験できないことの可能性にワクワクするタイプです。
【参考】The world’s best passport in 2018 is Japan—beating out Singapore and Germany

なので、今回私がゆうこさんブログをご紹介をしたのは、決してドイツに対してネガティヴなイメージを植え付けたいというわけではありません。海外移住というその人の人生において大事な出来事の為に、バランスの良い、事前の情報収集ができるきっかけをお伝えできればいいな、という思いからです。お役に立てば嬉しい限りです!

ABOUT ME
なわだ めぐみ
ありあまる知的好奇心が日々ダダ漏れて常に何かを学んでいます。複数の肩書と仕事と拠点を持つパラレルワーカーを目指して現在邁進中。 会社員/ 英語学習アドバイザー / English Teacher Association of Japan(個人の英語の先生コミュニティ)役員 / シンガーソングライター(ボーカル/鍵盤/ウクレレ)